五木ひろし・八代亜紀 ジョイントコンサート 世紀の競演
今年、歌謡曲のコンサートづいている利夫。今度は、
『五木ひろし・八代亜紀 ジョイントコンサート 世紀の競演』を観に、
サンシティ越谷市民ホールへ行った。
16-09-28_001.jpg
セットリストは、以下の通りであった。

八 おんな港町(1977)
五 待っている女(1972)
八 もう一度逢いたい(1976)
五 夜空(1973)

デ 居酒屋(1982)
デ 愛は傷つきやすく [カヴァー]
デ 昭和枯れすすき [カヴァー]
デ たそがれの銀座 [カヴァー]
デ 恋あざみ [カヴァー]
デ ラブユー東京 [カヴァー]

【全日本歌謡選手権10週連続勝ち抜き~ヒット回想コーナー】
八 あなたのブルース [カヴァー]
五 噂の女 [カヴァー]
八 愛は死んでも(1971)
五 雨のヨコハマ(1969)
八 なみだ恋(1973)
五 よこはま・たそがれ(1971)

【八代亜紀コーナー】
海猫(1982)
愛の終着駅(1977)
雨の慕情(1980)
Sweet Home Kumamoto(2015)

【五木ひろしコーナー】
夜明けのブルース(2012)
千曲川(1975)
おまえとふたり(1979)
契り(1982)

八 故郷へ…(1978)
五 長良川艶歌(1984)
八 心をつなぐ10円玉(2014)
五 九頭竜川(2016)
八 舟唄(1979)
五 山河(2000)
デ 上を向いて歩こう [カヴァー]

※八=八代亜紀、五=五木ひろし、デ=デュエット
 ()内の数字は、レコード発売年

会場は地元の方を中心に大賑わい。皆、心から楽しんでいた。
たまに観客席を見る利夫。この観客たちが、このヒット曲の数々と共に、
ここ40年生活してきたかと思うと、感慨深い。

そのイメージを崩さないプロ二人を、同時に観られる。何という贅沢か。
バンドも演出も素晴らしかった。あっという間の31曲であった。
五木ひろしの、曲の新旧を問わず大切にする姿勢に尊敬の念を抱き、
八代亜紀の可愛さに、惚れ直した利夫であった。


前川 清&クール・ファイブ コンサート2016
普通の歌謡曲ファン、ならびにアメリカン・ポップス・ファンである利夫は、
前川清&クール・ファイブのコンサートを観に、新宿文化センターへ行った。
セットリストは、以下の通りであった。

【第1部】
思い切り橋(1977)
恋は終ったの(1981)
二人の海峡(1977)
海鳴り(1974)
メドレー
 北ホテル(1975)
 命燃やして(1975)
 女・こぬか雨(1981)
 気まぐれ雨(1976)
 さようならの彼方へ(1978)
雪列車(1982) ソロ
倖せの約束 -男のありがとう(2015) ソロ
都風(2016) ソロ

【第2部】
SURF CITY [洋楽カヴァー] ソロ
DAYDREAM BELIEVER [洋楽カヴァー] ソロ
MR.BASSMAN [洋楽カヴァー] ソロ
UNCHAINED MELODY [洋楽カヴァー] ★小林さん歌唱
恋唄(1972)
ひまわり(2002) ソロ
握手・写真撮影解禁コーナー
 長崎は今日も雨だった(1969)
 逢わずに愛して(1969)
 中の島ブルース(1975)
 東京砂漠(1976)
 噂の女(1970)
 そして、神戸(1972)
昔があるから(1978)
【アンコール】
VACATION [洋楽カヴァー] ソロ

※()内の数字は、レコード発売年

終始和やかなムードで、観客もリラックスしていたが、小林さんが歌った
『アンチェインド・メロディー』では、緊張感が漂い、ショー全体の良い
アクセントになっていた。

終盤、前川清本人から「ここからは写真撮影OKです‼」と言われたため、
観客たちは撮影に夢中になってしまい、不覚にも、利夫も・・・・・
16-09-26_008.jpg
すぐ我に返り、この6曲こそじっくり聴かなければと思い直し、目を閉じて
みて驚いた。ステージから降りて、歩きながら、観客と握手をしながら、
時折笑顔でピースなどしながら歌っているのだが、目を閉じればそこに、
直立不動で歌う当時の彼とクールファイブが、はっきりと浮かぶのだ。
何千回と歌い、体に染みついているのであろうか。
とぼけた味ときびしい芸の二面性、これぞ慣れ親しんだ前川清である。

アンコールのV・A・C・A・・・は会場全体で振りを付け、肩もほぐれて
大満足の利夫。不覚にも、お土産に「長崎は今日も豆だった」と
「長崎は今日も飴だった」という菓子を購入してしまった。


森進一コンサート
普通の歌謡曲ファンである利夫は、
森進一の歌手生活50周年記念コンサートを観に、中野サンプラザへ行った。
IMG_4151.jpg
セットリストは、以下の通りであった。

【第1部】
襟裳岬(1974)
冬のリヴィエラ(1982)
あるがままに生きる(2015)
月のエレジー(2013)
めぐり逢い紡いで [カヴァー]
別れのブルース [カヴァー]
川の流れのように [カヴァー]
君こそわが命 [カヴァー]
吾亦紅 [カヴァー]
私の恋(2016)

【第2部】
港町ブルース(1969)
女のためいき(1966)
盛り場ブルース(1967)
花と蝶(1968)
新宿・みなと町(1979)
旅路のはてに(1972)
それは恋(1981)
命かれても(1967)
望郷(1970)
ゆうすげの恋(1986)
北の螢(1984)
おふくろさん(1971)
私の恋(2016)

【アンコール】
東京物語(1977)
恋月夜(1980)

※()内の数字は、レコード発売年

特に後半は、息をもつかせぬ、名曲のオンパレード。
森進一という稀代のプレーヤーが、森進一という名の難しい楽器を、
見事に使いこなして、曲を奏でているかのように見えた。
これぞ歌手である。

また、それを観ている人々も印象に残った。
利夫の両隣は共に、利夫と同世代の、一人で来ている女性であった。
密かに感極まったり、笑顔になったりするのが、かすかに窺えた。
これぞ歌謡ショーである。

終了後外へ出た時、梅雨の蒸し暑さを感じないほど、
清々しく、大満足の利夫であった。

レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち
新宿シネマカリテで、『レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち』
を観ました。

1960~70年代のアメリカ西海岸で量産された、ヒットレコードの多くで演奏を
担当した、スタジオミュージシャン集団のドキュメンタリー映画です。
その中のギタリストの一人、トミー・テデスコの息子デニー・テデスコが、
父の肺がん診断をきっかけに、映像を残そうと約10年かけて完成させました。
使用する全楽曲の権利問題は、募金やクラウド・ファンディングの利用で
クリアして、全米で公開されたそうです。

ハル・ブレイン、キャロル・ケイ、トミー・テデスコ、プラス・ジョンソンが再会
して、ジョークを交えながら当時を振り返るのを中心に、
アール・パーマー、ジョー・オズボーン、ビル・ピットマン、アル・ケーシー、
グレン・キャンベル、ドン・ランディ、レオン・ラッセルなど、中心メンバーと、
ブライアン・ウィルソン、シェール、ナンシー・シナトラ、ハーブ・アルパート、
ロジャー・マッギン、ゲイリー・ルイスなど、彼らの演奏でヒット曲を残した
ミュージシャンたちへのインタビュー、そして名曲の数々が、惜しげもなく
全編に散りばめられていました。
026.jpg
仕事を求めて集まった彼らは、自己表現は二の次にして、名曲を量産しま
したが、彼らの名前がクレジットされることは、滅多にありませんでした。
プロデューサーによっては、プレーヤーの自我を消すために、楽器を弾き
続けさせ、疲れさせてから本番に入った、などといいます。
そのような状況は、音楽に限らず、普遍的な名作ができる裏側で、耳に
することが少なくありません。

しかし、彼らは決して、演奏ロボットだった訳ではありません。理論、技術、
経験を持っている彼らにとっては難しくない、ただ一つの音を出す瞬間にも、
彼らの指先から一人一人のセンスが滲み出し、それが集まって一つの曲
になる、そこにポップスの魔法が潜んでいる気がしました。
彼ら自身も、その魔法のおかげで、作業を続けられたのかもしれません。

こういう映画、もっと観たいです。

4月には、ブライアン・ウィルソンが来日、『ペット・サウンズ』祝 50周年の
アルバム再現ライヴを公演します。

由紀さおりライブ♥
♫ハーバー ハーバー ハ〜バ〜♫

馬車道駅に降り立つと、東京よりいくらか暖かい。
横浜赤レンガ倉庫を目指して歩きながら、利夫は口ずさんでいた。
空には月。周りがカップルだらけなのもなんのその。
利夫のお目当ては、憧れの歌手、由紀さおりの
「モーション・ブルー・ヨコハマ」でのライブである。
16-01-28_010.jpg
日本の名作詞家、名作曲家たち、
いずみたく、浜口庫之助、浜圭介、中村八大、宮川泰、筒美京平、
岩谷時子、なかにし礼、阿久悠、永六輔、山上路夫などによる、
1960年代から70年代の歌謡曲を、
楽曲発表当時を知らない、若いバンドをバックに歌う。
曲の美しさと日本語の奥ゆかしさを、次世代へ継承するべく、歌う。
アメリカの歌手が、ガーシュインやコール・ポーターの曲を歌い続けるように、
由紀さおりが歌謡曲を歌い続けていてくれるだけで、とてもうれしい。

さすが、憧れの歌手の選曲は、利夫の好きなものばかりであった。
手が届く程間近で観られたからこそ、
絶対手が届かない存在である事を再確認できた、
夢見心地の一時だった。

♫ルールルルーー ルールルルーー♫

(このライブの模様は、2月28日18:00〜 BS-TBSで放映される予定です。)

大晦日と紅白
1969(昭和44)年。
春に、二代目の鶴谷福太郎の三回忌を済ませ、
いよいよ鶴谷洋服店も、三代目鶴谷光明の時代です。
働き盛りの四十代!
大晦日の晩は、日本酒を傾けつつ
紅白を夫婦で楽しみます。

宝塚ファンの妻は、コーちゃんの愛の賛歌に聴き入り、
夫はやはり、歌よりも衣装に目が行きます。

第20回NHK紅白歌合戦。
司会は伊東ゆかり、坂本九、宮田輝。
審査員は浅丘ルリ子、市川海老蔵、大谷直子、佐藤愛子、鶴岡一人(グラウンドにはゼニが落ちている。)、平幹二朗ほか。
出場歌手は青江三奈、布施明、いしだあゆみ、千昌夫、小川知子、西郷輝彦、カルメン・マキ、アイ・ジョージ、越路吹雪、春日八郎、奥村チヨ、ザ・キング・トーンズ、水前寺清子、三田明、由紀さおり、デューク・エイセス、伊東ゆかり、菅原洋一、岸洋子、坂本九、森山良子、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、島倉千代子、三波春夫、弘田三枝子、橋幸夫、黛ジュン、佐川満男、西田佐知子、村田英雄、梓みちよ、水原弘、高田恭子、美川憲一、中尾ミエ、ダーク・ダックス、ピンキーとキラーズ、内山田洋とクール・ファイブ、ザ・ピーナッツ、フランク永井、佐良直美、舟木一夫、都はるみ、北島三郎、美空ひばり、森進一。
ハナ肇とクレージーキャッツや森繁久彌などの応援。
IMG_3736a.jpg
IMG_3758a.jpg
2015(平成27)年大晦日の本日、この懐かしの紅白を観ながら、
ゆく年くる年に思いを巡らせたいです。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。
良いお年をお迎え下さい。
クリスマス
2015年も残り3週間となりました。
IMG_3681aa.jpg
何かと気忙しい日々ではありますが、
今年あった出来事、出会いや、別れなどを
クリスマスソングを聴きながら、思い出しています。

Jingle Bells
Santa Claus Is Coming To Town
White Christmas
Winter Wonderland
I Saw Mommy Kissing Santa Claus
Silent Night
Noel
Blue Christmas
Happy Holiday/The Holiday Season
Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow
Rudolph The Red-Nosed Reindeer


12月の営業は
11日(金)、12日(土)、13日(日)、
17日(木)、18日(金)、19日(土)、20日(日)、
23日(水祝)、25日(金)、26日(土)、27日(日)
の午後を予定しております。


フランキー・ヴァリ来日
IMG_1533.jpg
土曜の晩、日比谷公会堂
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズの
一夜限りの初来日公演へ。

まだまだ余韻に浸りたくて、神保町で、
閉店時間迫るも満席のさぼうるへ。
店のBGMはアナログレコード。
年季の入ったパティ・ペイジのLPを見せて頂きながら
テネシーワルツを聴きつつ、
何があったのか…江利ちえみと高倉健に…
きっと、二人にしか解らない何かが…
などと、マスターの鈴木さん
もしや真相をご存知なのでは…
などと思ってしまいます。

日比谷公会堂 1929(昭和4)年築
フランキー・ヴァリ 1934(昭和9)年生
パティ・ペイジ 1927(昭和2)年生
高倉健 1931(昭和6)年生
マスターの鈴木さん 1933(昭和8)年生

昭和ひと桁。
代わりのいない方々のカッコ良さを、
改めて思い知らされた、
贅沢な夜でした。


フランキー・ヴァリ来日
何気なくラジオを聴いていたら耳に飛び込んできた、
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ初来日公演!!
というコマーシャル。耳を疑いました。



フランキー・ヴァリは79歳。
まさか今頃になって日本で観られるとは…



迷わず券を手配しました。
無事公演が行われることを祈るばかりです。

継承
神保町では、お客様に色々教えて頂いたり、触発されたり
することがよくあります。先日の晩は、音楽を通じて
お客様と小さな交流をさせていただきました。
大好きな THE FOUR FRESHMEN について、
話しかけて下さったのです。かねてから、
神保町に似合う音楽だと思っていたこともあり、
うれしく楽しいひとときでした。

ザ・フォー・フレッシュメンは1948年に結成された
4パート・ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ
です。アルバム・アーティストとしては、主に1950年代、
管楽器や弦楽器をバックに歌ったコンセプト・アルバムに、
数々の名演を残しました。



またライブ・バンドとしては、4人で楽器を持ち替え演奏
しながら、4人でオープン・ハーモニーを歌うという
スタイルで、その様式美は、オリジナル・メンバーが
いなくなった今も継承され、グループは22代目として
現存しています。



ダイナミズムと言う点で、オリジナルの壁が高いのは
当然ですが、全盛期には生まれてもいなかった、
若い世代が継承している姿に、先達への敬意やマナーさえ
感じられれば、応援したくなるものです。
また続けていれば、オリジナルにはなかった輝きを放つ事
だってあるかもしれません。
これは音楽や芸能に限らず、古いお店などにもあてはまる
のではないでしょうか。

手ごわくも、愛すべきオリジナルの壁。
神保町に似合うと思った所以は、そこかもしれません。