スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラピュタ阿佐ヶ谷 Part2
利夫がいつものように街を歩いていると、
濃いピンク色の大きなポスターが目に飛び込んできた。
淡路恵子が、煙草を手に振り向いている。
「煙草が似合うなぁ。そうか、ラピュタ阿佐ヶ谷か。
久し振りだから、午前中から行って2本観るとするか。」

午前中に、勝新太郎、田村高廣の「兵隊やくざ」、
阿佐ヶ谷パールセンター商店街で昼食を済ませ、
午後には東宝の青春物、吉沢京子、内藤洋子の
「バツグン女子高校生 16才は感じちゃう」。
午前中の緊張感と午後の初々しさ。
2本の対比に酔った。

とは言え利夫の場合、単純に、後から観た方が
記憶に残り後を引くのも、無理はあるまい。
としドンは第二の青春真っ只中!!

年が明けたら、今度は神保町シアターで、
日活特集である。

スポンサーサイト
正麺騒ぎ
利夫は、学生時代の友人と、神保町で再会した。
彼の欧州での暮らしも、十数年を数える。
今年も、手土産の赤ワインや、大西洋の珍味を肴に
様々な情報交換が楽しい。

わずかな日本滞在中に、パスタ以外の麺類を堪能する彼に、
逆に教わった情報があった。

「マルちゃん正麺」大ヒット!

タクシーの運転手からの情報らしい。
サッポロ一番、出前一丁、80年代には中華三昧など、
インスタントラーメンに慣れ親しんだつもりの
としドンであったが、それは知らなかった。

「夜食に食おう!」と
とことん学生時代のノリで深夜のスーパーに赴いたが、
正麺のみ、売り切れていた。
「これは空前の大ヒットだ!うまいに違いない!!」
としドンの妄想は膨らんだ…。

翌日、正麺を手に笑みを浮かべる友人。
「富士屋にあった。」
また、彼のラーメン好きを知る別の友人手土産も、
正麺だった。
昨夜とは一転、たくさんの正麺に囲まれて、
幸せそうな友人ととしドン。

商品ヒットのメカニズムを垣間見た、
正麺騒ぎであった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。