薗部袴店 その2
鶴谷洋服店の建物は、築年数85年。
1928(昭和3)年に建てられました。
店舗部分は約5坪、と狭いのですが、
仕事場兼居住スペースは案外広く、
多い時は職人三家族が暮らしていました。

三階には、隠れ家の様な屋根裏部屋があり、
屋上には、物干し台があります。
monohosi.jpg
ここからは、長屋関係にある神保町ラドリオ(喫茶店)
の屋根や、三省堂神保町本店を眺める事が出来ます。

過日、かつてこの場所で『薗部袴店』を営んでいらした
薗部さんのご家族が、『新世界菜館』でのお食事の後、
鶴谷洋服店に立ち寄って下さいました。

まさか、薗部さんにお目にかかれるとは
思っておりませんでしたので、
とても嬉しい出来事でした。

築85年の序盤十数年の間、
薗部さんご一家が暮らしたこの建物は、
恐らく当時の面影を多く残したまま、
頑張っております…。


中原淳一
九段下の昭和館で
神保町にゆかりのある『中原淳一』の展覧会をやっています。
IMG_09292.jpg
ナント、入場無料です。

センチメンタルを嫌った中原淳一の美意識には
学ぶ事だらけで
会期中は、何度でも行きたいです。

鶴谷の伯母は、まさにその世代に少女時代を送りました。
当時、神保町のヒマワリ社で買った『しおり』を
幾つも集めて、大事にしていたそうです。

大好きな宝塚歌劇の、男役スター(葦原邦子)と結婚した事など
「あーナツカシー」
と話してくれました。