スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランキー・ヴァリ来日
何気なくラジオを聴いていたら耳に飛び込んできた、
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ初来日公演!!
というコマーシャル。耳を疑いました。



フランキー・ヴァリは79歳。
まさか今頃になって日本で観られるとは…



迷わず券を手配しました。
無事公演が行われることを祈るばかりです。

スポンサーサイト
顔のYシャツ
13-06-09_002 (1)
神田小川町の「顔のYシャツ」は、
1920(大正9)年創業の、オーダーメイド・シャツ専門店です。
大きな顔の看板が目を引きます。

よく、『看板は、店の顔!』と言いますが、
顔のYシャツさんの場合は
『顔は、店の看板!』
となりますか…

戦前から何度も塗り直して、大切に維持されてきた
まさに、店の顔。

一方、3年前に縫製業の看板を下ろした鶴谷洋服店ですが、
実際の、店のアーチ看板もいよいよ役目を終えて、
文字通り「看板を下ろす」日も
近いのでしょうか…。

あちこちの看板が気になり始めてしまいました。
足を止め、看板見上げる、梅雨の空。


神田祭再開、変わらぬ営み
神田祭は太平洋戦争のため、一時中止されました。
終戦翌年の1946(昭和21)年には、神田区主催の
復興祭という祭りが行われ、その時に伯母も神輿をかついだそうです。
戦後すぐだから男が少なくて、神輿の担ぎ手が足りず
「女もかつげー!って言われて、かついだわよー!。」との事。
みんな痩せていて、力も出なくて、ヨロヨロかついだ、とか…

そしていよいよ1952(昭和27)年、神田祭の再開です。
渡御祭を神幸祭と名称変更して、鳳輦(ほうれん)巡行、
町神輿連合宮入が行われました。

ずっと神田を離れずに、戦争を生き延びた伯父が、
この翌年に「アイレスフレックス」というカメラを購入しました。
購入店は、「駿河台下・神田無三四堂」とあります。
IMG_10371.jpg
平和条約締結、祭礼再開、町の復興、経済成長…
写真機購入は、自然な流れだったのでしょう。

祭りを撮影した写真が残っております。
恐らく、1954(昭和29)年のものと思われます。
s27matsuri uma
神幸祭の行列。馬に乗る神職。あいにくの雨です。
当時の写真には、高い確率で洋服店が背景に写っています。
業界の好調ぶりがうかがえます。

s27matsuri ushi
靖国通りで牛が引いているのは、一の宮鳳輦でしょうか。
後方に見えるのは、ランチョン、共栄堂などの、
三軒長屋です。

s27matsuri mikoshi
神輿。すずらん通り。現在のマザーズ前あたりです。

IMG_09921.jpg
そして今年の神輿。町内巡回も大詰め。

変わらぬ営み。
言葉にはとてもできない、
美しさでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。