看板を下ろした日
60年近く掲げていた鶴谷洋服店のアーチ状の看板。

この度、台風26号の影響で一部破損したため、
大工さんに来て頂き、状態を確認して、
ひとまず下に下ろすことを決めてから、ものの3分。
kanban1.jpg
あっけないほど見事な手際良さでした。プロの仕事には、
いつもただただ敬服するばかりです。

どの位の頻度で塗り替えをしていたのか、
定かではありませんが、
さすがに、かなり腐食が進んでいました。

下ろしてから数分後、道行く方の中には、
「無くしちゃだめ。」「景観破壊だ。」と、
声を掛けて下さる方もいらっしゃいました。
kanban2.jpg
60年近く、というと、多くの方々に見慣れた
風景の一つとしてあった看板かもしれません。
台風が行ってしまったら、又、元に戻した方が良いのか…
役目を終わらせるべきか…
暫し、思案する事とします。


いろは色 写真展のお知らせ
鶴谷洋服店から徒歩1分、神保町ギャラリーで、
篠崎麻衣子「いろは色」 出版記念写真展
開催されています。
秋の神保町お散歩コースに、是非お加え下さい。
irohairo.jpg
日時:10月18日(金)~20日(日) 14~19時
場所:時々Gallery Sonia
神田神保町1-1 林ビル3階

有名古書店が立ち並ぶ、靖国通り沿い。
慶文堂書店と哲麺の間に入り口があります。
味のあるビルの、少し長い階段を厭わずに上ると、
そこには彼女の世界が…。

また10月31日まで、神保町ラドリオでも、
彼女の写真と詩が展示されています。
写真集は、三省堂書店、書泉グランデ、丸善、
紀伊國屋書店、ほかで購入できます。


夫婦前共演 「じ○○○○○○チャボ」
映画少年Hで、Hの両親の妹尾盛夫・敏子夫婦を演じたのは、
水谷豊と伊藤蘭の実際の夫婦でした。
ベストセラー小説の映画化と共に、30年振りの夫婦共演も
話題になりました。

その30年前の共演とは、ドラマ「事件記者チャボ!」。
少年Hの余韻の中、BS11で放映が始まりました。
1983年当時、二人は夫婦ではありませんでしたが、
(当時の水谷夫人は、ハリウッド女優ミッキー・マッケンジー)
オープニングタイトルバックから息の合った二人が見られます。
IMG_1202.jpg
若き二人の軽妙さは、楽しく、そして何故かホッとします。

さて神保町でチャボと言えば、もちろん
ホワイトカレー神保町チャボです。
神田カレーグランプリ本選にも出場します。
こちらも目が離せません。
応援しています。