『さくら、降るとき』公演中!!
(元)鶴谷洋服店の右隣、
神保町のアートギャラリー「art spot LADO」にて
神田時来組舞台・根岸雅英座長公演
『さくら、降るとき』 が公演されています。
sakurafurutoki
出演:根岸雅英(神田時来組・ホワイトカレー神保町チャボ店長)
   山﨑薫(ワタナベエンターテインメント)
   [特別出演] ねぎかぉ
日程:2014年3月21日(金・祝) ~ 4月6日(日) (10公演)
場所:art spot LADO (アート・スポット・ラド) 神田神保町1-3
料金:1500円  (日程とチケット取り扱い先はこちら

舞台は神保町。実在する “伝説の桜の樹” にまつわる、
男と女の物語。神保町ラドリオも登場します。
散歩には絶好の季節。観劇を交えた神保町お散歩プランは
いかがでしょうか。

約1時間の公演を観た後は、舞台に登場する店に行くもよし、
伝説の桜の樹を見に行くもよし。
IMG_1882.jpg
また、3月28日(金)~4月6日(日)の10日間、
2014年千代田のさくらまつりが開催されますので、
そちらに行くもよし。
28日(金)~30日(日) の、神保町さくらみちフェスティバル
に合わせるもよし。

春の神保町を、是非ご堪能下さい。


神保町で、松本州平先生のジオラマを観る
(元)鶴谷洋服店の、路地を挟んだ右隣りに
専門性の高い大型書店の、書泉グランデがある。
利夫のお気に入りの書店の一つである。

利夫の足は、展望エレベータで5階へ向かう。
展示中の松本州平先生のジオラマ作品を観る為である。

州平先生といえば絵本作家、イラストレーター、釣り人、そして
プラモデラーとして、1980年頃から
雑誌『ホビージャパン』などで、その作風と
「改造しちゃアカン」等の名ゼリフが人気を呼び
プラモデル・ファンの心を、鷲掴みにした方だ。
IMG_1851.jpg

誌面では見慣れていたが、実物を観るのは初めてである。
「これが先生の筆使いか~」と、利夫は息を飲んだ。
神保町で観られた、というのがまた嬉しい。

(わしもジオラマ、作っちゃお、かな・・・)
と、数十年振りに州平先生に背中を押された
利夫である。



雛人形
ショーウインドーに雛人形を飾りました。
IMG_1664.jpg
これは、約90年前の物です。
顔をよく見ると、
IMG_1700.jpg
IMG_1692.jpg
ソチオリンピックで健闘された
浅田選手に、少し似ています。