スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(元)鶴谷洋服店オリジナル 羅紗(ラシャ)がま口 K100C
テーラー時代に仕入れた羅紗(ラシャ:毛織物の紳士服地)
を使って、がま口を作りました。
上質な生地の感触を、手軽に味わえます。

横:11.5cm 縦:7cm まち:1.5cm
Suica・クレジットカード・免許証などがぴったり入ります。
小銭ポケット付きです。
K100CAG1.jpg
K100CAG2.jpg

スポンサーサイト
TOKYO NOTE 東京ノート 販売中!!
(元)鶴谷洋服店では、
東京洋紙店の「TOKYO NOTE 東京ノート」を、
期間限定で取り扱っております。
これまでにお買い求め頂いたお客様には、
心より御礼申し上げます。
tokyo note web
株式会社 東京洋紙店が、
資源の有効利用と息の長い復興支援活動を目的に、
様々な事情で不要となり倉庫で眠っていた書籍用紙を、
3.11震災復興支援ノートとして目覚めさせました。

代金の20%が、東日本大震災で被災された地域の
復興事業のために寄付されます。
1冊500円(税込)です。今回、新型も加わりました。

「TOKYO NOTE 東京ノート」の詳細は、
東京洋紙店が運営する「紙の輪」でご覧頂けます。

羊について、その5
テーラーの鶴谷洋服店の店内を思い出せば、
ぐるりと紳士服地が並べられ、見本の背広が数点、
人体(トルソー)に着せてありました。
その中にポツン、ポツンと羊が配されていたのが印象的でした。

子供の頃、紳士服地=羅紗=羊毛の毛織物という事を知らずに、
(伯父さんは未年なのかな?)
と、思った事もありました。
IMG_2781.jpg

因みに、伯父の鶴谷光明は
1922(大正11)年生まれの戌年です。


羊について、その4
テーラーの頃からの展示物には
もう一頭、金属製の羊もいます。
体重3.5kg。
やはり数十年、ショーウィンドウ越しに
神保町の通りを見続けています。
IMG_2766.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。