山の上ホテル その2
御茶の水駅から徒歩5分。
千代田区神田駿河台に、山の上ホテル(Hilltop Hotel)はあります。
IMG_3247a.jpg
内外装は、クラシカルなアール・デコ調。文豪たちに愛され、三島由紀夫が
「サービスもまだ素人っぽい処が実にいい。ねがわくは、
ここが有名になりすぎたり、はやりすぎたりしませんように。」
と書き残しています。
hilltop.jpg
1993(平成5)年4月。山の上ホテルでの、親族の結婚披露宴に出席した時の
鶴谷の伯父、伯母です。
山の上ホテル その1
(元)鶴谷洋服店から徒歩5分。
山の上ホテルのロビーで、ホテルの歴史が展示されています。
IMG_3238a.jpg
池波正太郎、吉行淳之介、三島由紀夫、山本健吉、檀一雄、
山口瞳、田村隆一、川端康成、松本清張、井上靖、中村眞一郎、
小林秀雄、吉田健一、船橋聖一、石坂洋次郎、高見順、五味康祐、
田辺聖子、常盤新平、伊集院静、トーベ・ヤンソン(「ムーミン」シリーズの作者)
・・・錚々たる顔ぶれの、山の上ホテルを愛した作家たち。
折々に残された物など、展示物はどれも、とても興味深い物でした。

佐藤慶太郎とウィリアム・メレル・ヴォーリズ、
ホテル創業前の、アールデコ調の旧館を1936(昭和11)年に建てた
この二人についての紹介文は
特に面白く拝見しました。
IMG_3278a_2015082613254037e.jpg
『歴史展示会』1階ロビーにて、8月31日まで。
AM11:00~19:00入場無料です。


文房堂
すずらん通りの入り口近く、三省堂の向いにある『文房堂(ぶんぽうどう)』は、
創業1887(明治20)年の画材屋です。
日本で初めて、オリジナル油絵の具を製造販売しました。
背面の建物は建て替えられていますが、外壁は保存されているため
大正時代の面影を見ることが出来ます。
IMG_3201a.jpg

文房具を「ぶんぼうぐ」で無く、「ぶんぽうぐ」と言ってしまう母は、
文房堂のそばで、生まれ育ったからでしょうか・・・。
IMG_3208a.jpg
50年前に求めたアルバムの裏背表紙に・・・
「BUMPODO」と値札の痕がありました。


(元)鶴谷洋服店オリジナル 羅紗(ラシャ)がま口 K105C
テーラー時代に仕入れた羅紗(ラシャ:毛織物の紳士服地)
を使って、がま口を作りました。
上質な生地の感触を、手軽に味わえます。

横:12.5cm 縦:9.5cm まち:2cm
お札が二つ折りで入ります。大きめのカードが入ります。
内側にポケット付きです。
IMG_3182_201508062147538b3.jpg
IMG_3183_20150806214848115.jpg