ごあいさつ
いつもお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
鶴谷洋服店は、2010(平成22)年9月に、
洋服店(注文紳士服仕立て・テーラー)としての幕を下ろしました。
長年ご愛顧を頂いたお客様、又お世話になった全ての皆様に、
亡き伯父に代わって、厚く御礼申し上げます。
 
主のいなくなった仕事部屋には、羅紗と道具だけが残されました。
残念ながら、三代続いた洋服作りの技術は途絶えてしまいましたが、
街の風景として親しんでいただいたこの建物の維持と、
遺された羅紗(ラシャ=毛織物の紳士服地)の活用に
努めて参る所存です。

また、鶴谷洋服店の歴史を遡りますと、日本の洋服史や、
東京の成り立ちなども避けては通れないようですので、
そのあたりも勉強してみようと思う次第です。