スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元洋服店が観た『少年H』 その2
妹尾洋服店は当然日本家屋。
家の佇まいと看板が、どことなく鶴谷洋服店に似ていました。
同じ時代の同じ業種なら、当然かもしれません。

場所は神戸と東京、と違いますが
それぞれ大空襲をうけました。
鶴谷洋服店の建物は焼けずに残り、今年築85年となります。
IMG_1166.jpg
妹尾盛夫(水谷豊)の洋服作りは、
楽しみにしていたシーンです。

畳の上にバイタ(バン板)を置き、
それが作業台となります。
クラフト紙で作った型紙を布にのせ、
チャコで印をつけ、ラシャ鋏で裁断。
そこから数十の工程を経て、服を仕立てる。
職人の仕事は、数十年を経ても変わらない事を
再認識しました。
さすがに、畳の上での作業は、現在
どれだけの方がされているかわかりませんが・・・。

鶴谷洋服店では
映画の舞台である70年前と同じ様に、
最後まで和室での洋服作りでした。

妹尾盛夫(水谷豊)が、
慣れた手付きで、ラシャ鋏でサクサクと布を裁ち
ミシンを踏む場面があります。
ほんの少し手ほどきを受けただけ、だそうですが
ベテランの職人に見えました。

久しぶりに伯父に再会したような気がしました。

つづく


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。