スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「男はつらいよ」と神保町
唐突ですが・・・。

映画 男はつらいよ 第41作  寅次郎心の旅路について。

舞台はオーストリア ウィーン。
初めて海外を旅する寅さんですが、
ドナウ河を江戸川に、神父を御前様に、
モーツァルトの銅像は上野の西郷隆盛に…
それぞれ見立てます。
寅さんには、ウィーンがまるで「故郷、柴又」
のように見えたのでしょう。
「地球上どこ行ったって、いずこも同じ!」
渡世人ならではの結論には、納得です。

一方私共には、ウィーンがまるで「神保町」
のように見えました。

マドンナ竹下景子は、ツアーガイドの仕事をしています。
「アイシュぺナーが日本で言うウインナーコーヒーの事です。」
と、カフェで日本人旅行客に説明するシーンがあります。
私共にとって、ウインナーコーヒーといえば、
神保町ラドリオです。
IMG_2477.jpg
又、石畳を歩きつつ
(ドイツ語で)「包丁研ぎの御用はありませんか~。」
と言いながら行商する、研ぎ屋の登場シーンもありました。
先日、(元)鶴谷洋服店の店先に、
行商の研ぎ屋が来た事を思い出しました。

楽しい映画鑑賞でした。
ダンケ!

尚、写真は、
神保町ラドリオ開店65周年記念トートバッグ(エコバッグ)です。
IMG_2479.jpg
IMG_2473.jpg
刷ったのは、『本屋図鑑』などのイラストでもおなじみ
得地直美さん、神保町ラドリオで販売しています。
65周年おめでとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。