スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
看板建築
看板建築とは、店舗兼住居の商店で
建物の正面だけ擬洋風建築風にし、
内部はそのまま、木造2階建ての住居
という建築物を言うそうです。

大正12年(1923年)の関東大震災後
まずはバラックから始まり
復興の土地区画整理で
本格的に広まったようです。

現存する看板建築は、
老朽化により減少傾向にあるようです。

さて、鶴谷洋服店はまさしく看板建築です。
昭和3年(1928年)築、木造二階建て、屋根裏部屋あり、
平坦な前面外壁は、金属スレート‥…
(その内部は、お隣りのラドリオさんと同じモルタル仕上げです。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。