文房堂
すずらん通りの入り口近く、三省堂の向いにある『文房堂(ぶんぽうどう)』は、
創業1887(明治20)年の画材屋です。
日本で初めて、オリジナル油絵の具を製造販売しました。
背面の建物は建て替えられていますが、外壁は保存されているため
大正時代の面影を見ることが出来ます。
IMG_3201a.jpg

文房具を「ぶんぼうぐ」で無く、「ぶんぽうぐ」と言ってしまう母は、
文房堂のそばで、生まれ育ったからでしょうか・・・。
IMG_3208a.jpg
50年前に求めたアルバムの裏背表紙に・・・
「BUMPODO」と値札の痕がありました。