五木ひろし・八代亜紀 ジョイントコンサート 世紀の競演
今年、歌謡曲のコンサートづいている利夫。今度は、
『五木ひろし・八代亜紀 ジョイントコンサート 世紀の競演』を観に、
サンシティ越谷市民ホールへ行った。
16-09-28_001.jpg
セットリストは、以下の通りであった。

八 おんな港町(1977)
五 待っている女(1972)
八 もう一度逢いたい(1976)
五 夜空(1973)

デ 居酒屋(1982)
デ 愛は傷つきやすく [カヴァー]
デ 昭和枯れすすき [カヴァー]
デ たそがれの銀座 [カヴァー]
デ 恋あざみ [カヴァー]
デ ラブユー東京 [カヴァー]

【全日本歌謡選手権10週連続勝ち抜き~ヒット回想コーナー】
八 あなたのブルース [カヴァー]
五 噂の女 [カヴァー]
八 愛は死んでも(1971)
五 雨のヨコハマ(1969)
八 なみだ恋(1973)
五 よこはま・たそがれ(1971)

【八代亜紀コーナー】
海猫(1982)
愛の終着駅(1977)
雨の慕情(1980)
Sweet Home Kumamoto(2015)

【五木ひろしコーナー】
夜明けのブルース(2012)
千曲川(1975)
おまえとふたり(1979)
契り(1982)

八 故郷へ…(1978)
五 長良川艶歌(1984)
八 心をつなぐ10円玉(2014)
五 九頭竜川(2016)
八 舟唄(1979)
五 山河(2000)
デ 上を向いて歩こう [カヴァー]

※八=八代亜紀、五=五木ひろし、デ=デュエット
 ()内の数字は、レコード発売年

会場は地元の方を中心に大賑わい。皆、心から楽しんでいた。
たまに観客席を見る利夫。この観客たちが、このヒット曲の数々と共に、
ここ40年生活してきたかと思うと、感慨深い。

そのイメージを崩さないプロ二人を、同時に観られる。何という贅沢か。
バンドも演出も素晴らしかった。あっという間の31曲であった。
五木ひろしの、曲の新旧を問わず大切にする姿勢に尊敬の念を抱き、
八代亜紀の可愛さに、惚れ直した利夫であった。