三回忌
お彼岸も明け、だいぶ季節も秋めいて参りました。
今は谷中に眠る伯父の、三回忌でもありました。

伯父、鶴谷光明は大正11年生まれ。
神田生まれの神田育ち。
幼い頃から、父・福太郎に仕込まれて
テーラーの道へ。

眼光も鋭く、口角沫を飛ばし…
という、賑やかな父親とは正反対で
無口で大人しく、黙々と仕事するのが好きな人でした。

ボクシングと相撲の観戦が好きなのも職人の伯父らしい。
一朝一夕ではいかない
根気と粘り強さ。

何でも早く、簡単に、思いつきで、成り行きで…
となりがちな昨今、
姿を浮かべると背筋を正したくなる人の一人です。

「身内を褒めるな…ったく」
と、叱られそうです。