スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『書店の棚 本の気配』 そして、東京堂書店の思い出
「こういう本が出ました。鶴谷さんも描かれてますよ。」
先日、ラドリオのご常連のお客様が、
おそらくはラドリオからの帰り道に立ち寄られ、
紹介して下さいました。

IMG_0737.jpg

『書店の棚 本の気配』 佐野衛 (亜紀書房)です。
装画は、ラドリオかわら版の絵と文字でもおなじみの、
得地直美さんです。
目次の絵では、鶴谷洋服店の横の路地が正面から描かれ、
ラドリオ(看板を掛けているのは店長さんでしょうか)、
ミロンガ、チャボのホワイトカレーの看板も見えます。
現在、東京堂書店1階で、それらの原画と、
得地さんの神保町の絵をまとめた作品集を閲覧できます。
ほのぼのとしたタッチの中に、細かい部分では
「そうそう、こうなってる。」という部分が多々あり、
見ていて楽しくなります。

東京堂書店元店長による書店論、読書論を読むうち、
個人的な東京堂書店の思い出が蘇ってきました。

1983(昭和58)年の夏のある日、すずらん通りの
東京堂書店の前を通りかかると、偶然にもその日に、
当時夢中になっていた水木しげるの
『あの世の事典』(東京堂出版)出版記念サイン会が
催されていたこと。

慌てて店内に入ったのはいいが、サインを貰おうにも所持金が足りず、
その場でサインだけはしてもらって、本は取り置いて欲しい、という
高校生のしどろもどろなお願いにも、
東京堂の書店員さんがやさしく応じて下さったこと。
目の前で見た、水木氏のサインの手際良さ…
昨日のことのようです。

その節は、ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。