スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正麺騒ぎ
利夫は、学生時代の友人と、神保町で再会した。
彼の欧州での暮らしも、十数年を数える。
今年も、手土産の赤ワインや、大西洋の珍味を肴に
様々な情報交換が楽しい。

わずかな日本滞在中に、パスタ以外の麺類を堪能する彼に、
逆に教わった情報があった。

「マルちゃん正麺」大ヒット!

タクシーの運転手からの情報らしい。
サッポロ一番、出前一丁、80年代には中華三昧など、
インスタントラーメンに慣れ親しんだつもりの
としドンであったが、それは知らなかった。

「夜食に食おう!」と
とことん学生時代のノリで深夜のスーパーに赴いたが、
正麺のみ、売り切れていた。
「これは空前の大ヒットだ!うまいに違いない!!」
としドンの妄想は膨らんだ…。

翌日、正麺を手に笑みを浮かべる友人。
「富士屋にあった。」
また、彼のラーメン好きを知る別の友人手土産も、
正麺だった。
昨夜とは一転、たくさんの正麺に囲まれて、
幸せそうな友人ととしドン。

商品ヒットのメカニズムを垣間見た、
正麺騒ぎであった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。