継承
神保町では、お客様に色々教えて頂いたり、触発されたり
することがよくあります。先日の晩は、音楽を通じて
お客様と小さな交流をさせていただきました。
大好きな THE FOUR FRESHMEN について、
話しかけて下さったのです。かねてから、
神保町に似合う音楽だと思っていたこともあり、
うれしく楽しいひとときでした。

ザ・フォー・フレッシュメンは1948年に結成された
4パート・ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ
です。アルバム・アーティストとしては、主に1950年代、
管楽器や弦楽器をバックに歌ったコンセプト・アルバムに、
数々の名演を残しました。



またライブ・バンドとしては、4人で楽器を持ち替え演奏
しながら、4人でオープン・ハーモニーを歌うという
スタイルで、その様式美は、オリジナル・メンバーが
いなくなった今も継承され、グループは22代目として
現存しています。



ダイナミズムと言う点で、オリジナルの壁が高いのは
当然ですが、全盛期には生まれてもいなかった、
若い世代が継承している姿に、先達への敬意やマナーさえ
感じられれば、応援したくなるものです。
また続けていれば、オリジナルにはなかった輝きを放つ事
だってあるかもしれません。
これは音楽や芸能に限らず、古いお店などにもあてはまる
のではないでしょうか。

手ごわくも、愛すべきオリジナルの壁。
神保町に似合うと思った所以は、そこかもしれません。