羊について、その3
鶴谷洋服店がテーラーの頃、
ショーウィンドウに紳士服と共に展示していた、
陶器の羊です。
IMG_2763.jpg

今も、通りを見続けています。


羊について、その2
かつて鶴谷洋服店で使用していた織ネームです。
仕立て上がった紳士服に縫い付ける物です。

二代目 鶴谷福太郎は、苗字の「鶴」をデザインに
取り入れていました。
ネーム鶴茶

1967(昭和42)年、鶴谷洋服店は、福太郎他界により
三代目 光明に引き継がれ、織ネームも「羊」を配した
新しいデザインになりました。
織ネーム羊2

因みに、この年も「未年」でした。


元洋服店が観た『少年H』 その3
盛夫は、40歳位キャリア約25年、仕立屋としても
脂ののった頃に、戦争で洋服作りを中断しなければ
なりませんでした。
終戦後、しばらくは茫然自失だった盛夫が、
空襲で壊れたミシンを直して、再起の手始めに、
妻敏子の洋服を作る所で、映画は終わります。
元洋服店としては、その後の戦後復興から
経済成長期の盛夫が、どのように過ごしたかも、
とても気になるところです。

一方鶴谷洋服店は、福太郎が60歳前後、
光明が20歳前後。戦時中光明は、縫製業という職業と、
場所柄もあってか、軍関係の縫製要員として、
借り出されました。国民服を作ることもあったようです。
1945(昭和20)年の空襲で三崎町を焼け出されて、
現在の場所に移りました。
大八車にミシンを積んで逃げた、と聞きます。

共通点を探せばたくさんありますが、それは何も
鶴谷洋服店に限ったことではありません。
一時は日本中にたくさんあったそういう洋服店が、
今も一つ一つ消えていきつつある事に、
諸行無常を感じずにおれません。
またそれだけに、現在も営業を続けていらっしゃる
洋服店の方々には、心より敬服いたします。
IMG_1141.jpg
エンドロールの末席に小さく鶴谷洋服店。
墓前に報告します。

9月23日は、伯父・光明の命日です。

おわり


元洋服店が観た『少年H』 その2
妹尾洋服店は当然日本家屋。
家の佇まいと看板が、どことなく鶴谷洋服店に似ていました。
同じ時代の同じ業種なら、当然かもしれません。

場所は神戸と東京、と違いますが
それぞれ大空襲をうけました。
鶴谷洋服店の建物は焼けずに残り、今年築85年となります。
IMG_1166.jpg
妹尾盛夫(水谷豊)の洋服作りは、
楽しみにしていたシーンです。

畳の上にバイタ(バン板)を置き、
それが作業台となります。
クラフト紙で作った型紙を布にのせ、
チャコで印をつけ、ラシャ鋏で裁断。
そこから数十の工程を経て、服を仕立てる。
職人の仕事は、数十年を経ても変わらない事を
再認識しました。
さすがに、畳の上での作業は、現在
どれだけの方がされているかわかりませんが・・・。

鶴谷洋服店では
映画の舞台である70年前と同じ様に、
最後まで和室での洋服作りでした。

妹尾盛夫(水谷豊)が、
慣れた手付きで、ラシャ鋏でサクサクと布を裁ち
ミシンを踏む場面があります。
ほんの少し手ほどきを受けただけ、だそうですが
ベテランの職人に見えました。

久しぶりに伯父に再会したような気がしました。

つづく


元洋服店が観た『少年H』 その1
映画『少年H』。
原作は、妹尾河童の自伝的小説です。
水谷豊・伊藤蘭の夫婦共演、また極僅かではありますが、
鶴谷洋服店も小道具で協力させて頂いた事もあり、
とても待ち遠しい公開でした。
IMG_1163.jpg
洋服店が舞台だけに、鑑賞中はもちろん、鑑賞後も、
その頃の鶴谷洋服店を想像したり、比較したりしています。

水谷豊演じる妹尾盛夫は、1902(明治35)年生まれ。
鶴谷家と比較すると、1882(明治15)年生まれの福太郎と、
1922(大正11)年生まれの光明との、ちょうど間の世代です。
この光明も、小柄で眼鏡をかけておりました。

盛夫は、まだ着物下駄履きの人が多かった1918(大正7)年、
15歳の時、広島から出て神戸の「島崎虎吉高等洋服店」に、
見習いの丁稚小僧として入りました。
修行先へのお礼奉公、他店への勤めを経て、独立。
神戸の西端、須磨に店を構え、その後弟子をとるまでに
なりました(原作より)。

ちなみに鶴谷福太郎は、1900(明治33)年頃、神戸方面での
修行を経験しています。

つづく